LINKSルールおさらい

0 -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギブアップ、10カウントKO、TKO、レフリーストップ、判定 により決する
・エスケープは柔道場の場合、競技エリアを囲む赤ラインに故意に逃げた場合とし、リングの場合は最下段のロープを故意に触れた場合とする
・エスケープ1回でダウン1回とする
・ダウン5回でTKO負け
・時間切れで1ダウンでもロストポイントの少ない方を判定勝ちとする
・偶発的な反則一回でイエローカード=1ダウンとする
・消極的とレフェリーが判断した場合イエローカード=1ダウンとする
・故意の反則一回でレッドカードとなり失格

<膠着>
・レフェリーは選手双方グランド状態で膠着と判断した場合、ブレイクさせ スタンド状態から再開させる

【禁止事項】
・噛みつき
・首から上の打撃
・頭から落とす技
・金的、のど仏、目、鼻、口への攻撃
・爪先蹴り
・肘の先端部による打撃(前腕部による打撃は有効)
・ダウンした相手への攻撃
・関節蹴り
・相手が両手両足の4点マットについている場合の打撃(3点ポジションまでの打撃は有効)
・指関節への関節技
・ニーパット、キックレガースを着用しない蹴り
・ヒールホールド
・体にワセリン、オイル等滑りやすいものは塗布しない

【公式試合時間】
・LINKSルール:5分2R(ロストポイント同率時延長1R)
・LINKSタッグルール:5分3R(ロストポイント同率時延長1R)
ページトップ