FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

7/12LINKS試合結果

皆様猛暑の中のご観戦ありがとうございました。残念ながら会場には来られなかったけど結果が気になっていた皆様お待たせしました。全10試合、夏の陽気に負けない熱戦が繰り広げられました!<第一試合> ○作業IN藤原(2R3分19秒 アームロック)冥土びーすと●<第二試合> ランキング戦○鴉野ショウ(2R2分27秒 クルックヘッドシザース)ウメタロウ●<第三試合>○外島勇己(2R50秒 アンクルホールド)リヴァーサル沢●<第四試合>...

続きを読む

7/12LINKS セミファイナル両選手コメント

前興行にて王座陥落し現在ランキング2位のケンタDX選手と最近重要なポジションで起用され赤丸急成長中のKUBIKIX選手からコメントが届きました。KUBIKIX選手コメント『ケンタ選手には前回のRAWでのタッグマッチで大きな借りができたので、それはきちんと返します。自分らしい戦いをお見せしますので、応援よろしくお願いします』ランキング2位:ケンタDX選手コメント『どうも今年KUBIKIXさんと絡む機会が多いんですよね、敵だ...

続きを読む

7/12LINKS ランキング王座戦の両選手コメント

目前に迫ったLINKS興行、メインイベントのランキング王座戦にて対決する両選手からコメントが届きました。挑戦者:エリリン高木選手コメント『初めにヴァサライケウチ選手から対戦要望があった時はウソだろ?と思いました。自分はリンクス2回目だったしそんなに実績がない。しかし対戦することになったからにはベストのコンディションで望む。ポリンキー戦の疲れなどふっ飛んだ。負けたらどうする?戦う前からそんな事考えるバカい...

続きを読む

7/12LINKS詳細

開場14時45分 開始15時00分会場:板橋区小豆沢体育館第一武道場(都営三田線志村坂上駅徒歩5分)入場:無料本年一発目の興行は全10試合でお届けします。会場でお待ちしております!...

続きを読む

ハレタ・コーガンに聞くLINKSキャッチルール

前回までLINKSの歴史を解説してきましたが今回はLINKSキャッチルールの創始者、ハレタ・コーガン選手へのLINKSキャッチルールQ&A突撃レポートをお届けいたします。Q:単刀直入にLINKSキャッチルールとは?A:詳しいルールはこちらを見てね。http://ameblo.jp/haretakogan/entry-12034187940.htmlかいつまんでいうと「プロレスの入り口と出口」をテーマに頭を打たないプロレスルールってのを作ってみました。若い子はまだプロレス...

続きを読む

7/12 LINKS全対戦カード

<第一試合> LINKSルール 5分3R冥土びーすと vs 作業IN藤原<第二試合> ランキング戦 5分3R鴉野ショウ vs ウメタロウ<第三試合> LINKSルール 5分3Rリヴァーサル沢 vs 外島勇己<第四試合> キャッチルール 4分3Rハレタ・コーガン vs 三村マザファッカズ<第五試合> LINKSルール 5分3Rユウキロバートカワグチ vs 塙純一<第六試合> LINKSルール 5分3Rhiguchi vs チガイOKADO<第七試...

続きを読む

LINKSの歴史7 時は来た、それだけだ。

2014年12月 ケルベロス道場遂にその時が来た。2010年6月、LINKS関東進出から4年と6ヵ月。ランキング制度が設けられてから約3年。LINKS無敗の絶対王者が敗北した。遂に景色が変わった。新王者、ヴァサラ・イケウチ。参戦してから快進撃を続け挑戦者決定戦を制し掴んだチャンスを見事ものにした。紛れもなく歴史が動いたのだ。関東進出初戦、ケンタDXに敗れた前田明日はこう言っていた。「常勝なんかねえんだよ」と。しかし常勝だっ...

続きを読む

LINKSの歴史6 新世界

LINKSは新世界へ突入した。決して大秘宝やこの世の全てが置いてある訳では無いが、LINKSに大きな変革があった。前回興行後、前田明日が諸事情によりプロモーターを辞任しケンタDXに運営権を譲渡したのだ。己の理想とする闘いの場を目指し立ち上げたLINKSを他人に譲渡するとは、正に苦渋の決断であっただろう。そして前触れも無く訪れた船長交代という事態であろうとLINKSを沈没させる訳にはいかない。アマチュアプロレス界という...

続きを読む

LINKSの歴史5 LINKSの本質

LINKSとは闘いの場である。厳密に言えばLINKSという興行は行われるが、LINKSという『団体』は存在しない。創設者の前田明日の言葉で「LINKSとは団体名では無く競技名である」とあるが、つまりLINKSという興行は常に競技会なのだ。だからこそLINKSの闘いには予定調和が無い、下馬評通りの結果など期待出来ないのである。団体の垣根を越えてLINKSという競技を競う。ランキング戦だけではない、全ての試合がLINKS を形作っていく。2014...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。